AOYAMA DARUMA



素材の説明 🧵

お買い物する前に、下記の内容に目を通してみてください。

では、当店で使っている特徴的な素材を紹介させていただきます。

「藍染」

藍染は植物染料「を使った染め物のことです。

藍染のアイテムは使えば使うほど経年変化で風合いが変わり、永く大切に使用できます。洗濯による、色落ちの変化をお楽しみいただけます。天然染料なので、化学染料の商品より体に優しいです。

「柿渋染め」

柿渋染めは日本の伝統的な染め方です。渋柿のジューズを使って染料を作ります。柿渋染めはいろんなところで使われていますが、日本では13世紀から始まりました。生地、紙、木などを染めるのに、使われています。

柿のタンニンが日光に反応して発色します。何回が染めを繰り返し、色は深くなっていきます。そのため、染めるのに、時間がかかります。

「泥染め」

泥染めとは植物に含まれているタンニン酸と泥田の中の鉄分等が化学結合して、黒色へと変化する天然の染色方法です。

何度も繰り返し染色することにより、独特な黒褐色に染め上げます。

「イタリアタンニン鞣し革」

質の良い革はオイルがたっぷり浸み込んでいるので、経年変化効果が高く、汚れと水に強いです。革本来の個体差があり、一点一点の革の表情や色合いが異なります。使用環境や使用方法など、ご使用いただく方により個人差があるので、使い込んで手入れするほど自分だけの質感に染まり、ユニークなオリジナルアイテムを楽しめます。

「古布」

古布は日本のアンティークの生地です。当店に使っている古布は、何十年百年前の型染めという技法で染めた藍染の生地です。江戸や明治時代にデザインされた柄なので、今では作られていない貴重な生地です。時代の味がそのままに残っています。

商品化する前に、古布を洗浄したので、ご安心ください。

「シルバー」

シルバー925とは、一般的に「シルバー」と呼ばれるアクセサリーで使われている素材のことです。

シルバーは、化学変化を起こしやすく、毒を盛られた際にも銀の変化により異変を察知できるという理由で主に食器に用いられ、また一方で「身を守り幸せをもたらす」と古くから世界各地で魔除け、お守りとして使用されてきました。色調の美しさや加工のしやすさも手伝って今ではアクセサリーとして身に着けられています。

長年の使用を経てシルバーは黒っぽく変色していくので、擦れる部分は光沢があり、溝などの擦れにくい部分は黒みを増していくことで立体感が際立ったりと経年変化を味わえます。

「真鍮」

真鍮は使い込むうちに、人の手や空気に触れてところどころ表面が酸化することで独特のヴィンテージ感のある風合に変化していきます。真鍮の黒ずみが濃くなり過ぎてしまったりした場合、市販の金属研磨剤や磨き布などで磨けば、元の輝きを簡単に取り戻すことができます。

真鍮はファンの心をつかんで離さない中毒性の高い金属です。カッコいい雰囲気の出る味わい深い素材なので、是非楽しんでみてください。

金属アレルギーをお持ちの方は、着用にあたりご注意ください。

当社のコンセプトは「一点物」「一生物」「色んな材料で経年変化を楽しむ」です。藍染・柿渋染め・革・シルバー・真鍮など洗練された質の良い素材を組み合わせて、商品を作っています。伝統的工芸品の技術技法を活かした新しい商品の開発に注力し続けています。使い込むほど自分だけの表情を見せてくれるようになるところが魅力です。使いながら、育てていくのを楽しめます。大量生産大量消費の時代だからこそ、日本人の「物を大切する」ライフスタイルを世界中の人々に伝えていきたいです。